カウンセリング

美容医療の料金相場

光フェイシャルやレーザー美顔などは、フェイシャルサロン並みの料金で気軽にできる美容医療です。ほうれい線や目元の小じわやたるみをなくせる他、きめ細かい美肌にしたりシミのない透明感のある素肌にしたりできます。

View Detail

クマと見分ける

目

整形もエクササイズもする

目元の悩みの中で、たるみは非常に厄介です。というのも、たるみはクマは見分けがつきにくく、自己治療が難しいからです。これを治すには、まずこの症状に関する正しい知識をつけ、その上で効果のある整形を受けることが必要になります。たるみとクマは症状が似ています。たるみは、目のすぐ下がヘコみ、更にその下の部分が膨らんでいる状態です。それに対してクマは、目のすぐ下がヘコみ、黒ずむという症状が出ます。こうした同じような肌のトラブルが出てくるため、たるんでいるのにクマだと勘違いするという失敗が多発してしまいます。どうしてこの勘違いが失敗になるかというと、クマとたるみでは治療方法が異なるからです。たるむ原因は脂肪が垂れ下がってくることであるのに対し、クマの原因は血行が悪くなって老廃物が溜まることです。クマだと勘違いして、その原因を取り除く為に目元を温めたり目の疲れを取ることは、たるみには効果がありません。たるんだ目元を元に戻すための施術は、肌を切る整形と切らない整形があります。切る整形は、金糸療法とボトックス注射があり、切らない整形ではサーマクールと呼ばれる整形が人気です。金糸療法とは、金の糸を気になる部分に埋め込むことで美容効果を得る方法です。真皮層まで純金を届けると、金がヒアルロン酸やコラーゲンの生産を促してくれ、たるんだ目元を引き締めてくれます。またこれは豆知識ですが、金糸療法はそれ以外にも、肌のツヤを増やしたりターンオーバーを促すなど様々な効果を発揮するので、目元以外にも気になる部位があれば一緒に金糸療法を行ってもらえば、一気に悩みを解消できます。ボトックス注射は、神経を麻痺させることで硬くなった筋肉を弛緩させる効果のある方法です。これを行うと、眼球を支えていた筋肉が正常に動くようになり、たるんでいた脂肪も持ち上げてくれるので、目元のたるみの改善に繋がります。治療方法で一番注目されているのは、サーマクールです。これは半永久的に治療効果が続く上、肌を傷つけることなく整形が行えるという大きな利点があるため、選ばれています。サーマクールではレーザーよりも力の強いラジオ波を患部に当て、皮膚の表面にはダメージを与えずに皮膚の奥に刺激を加えます。するとその部分でコラーゲンの生成が促進され、結果皮膚が引き締められてたるみが解消されるという仕組みで治療を行います。目元のたるみは、整形と同時に目の筋肉を鍛えることで更に高い治療効果を得ることが可能です。眼球を支えている筋肉は、目を強く閉じたり見開いたりする時に眉毛と一緒に動く筋肉です。そうした表情は普段なかなかしないため、使われずに衰えてしまうので、エクササイズで積極的に動かすことで筋肉を鍛えましょう。例えば目を見開くのとぎゅっと瞑るのを何度が繰り返すだけでも、筋肉の老化を食い止められます。目元のたるみは、正しく判断して整形を行えば克服できるトラブルです。目のトラブルがクマかもしれないと感じても、決めつけずに整形外科に相談しに行きましょう。そして目の筋肉を鍛えれば改善が促進されるという豆知識を使い、安く早く美しい顔を取り戻しましょう。

女性

エイジングケアの種類

美容外科などの医療機関に行けば、本格的に目元のエイジングケアができます。目の周りのしわやたるみは、注射を打って治す方法やレーザーを照射してハリを出す方法があるので、悩みに応じて使い分けるのがお勧めです。

View Detail

顔を触る人

繊細なテクニックが鍵

目元のたるみ治療では、目の上と目の下と両方に起こる複合的な問題をトータルで解消する必要があります。目元治療を希望するなら、デリケートな目の周りの治療症例数が多く、熟練の技を持つ担当医師がいるクリニックを選ぶことが重要です。

View Detail