繊細なテクニックが鍵

顔を触る人

目の下悩み目の上の悩み

目元にたるみがあると、顔全体の印象が変わってしまうほど美容には大きな影響力があります。年齢に関わらずとても老けた印象になってしまう場合もありますし、目が小さく見えてしまう場合もあります。生まれつきの造形の場合もありますが、年齢と共に変わって来てしまったという人も少なくありません。そんな悩みを解決出来る美容整形クリニックは、デリケートな目元の構造に詳しく、繊細なテクニックを有する医師がいることが重要です。目は第一印象を変えてしまうほど重要なパーツですから、確かな実績のある腕の良い担当医師に付いてもらいたいですよね。一言でたるみと言っても、その状態は一人ひとり異なりますから、適切な診断をしてもらう必要があります。目元の悩みには2種類あり、目の上に症状が出ている場合と目の下に症状が出ている場合とがあります。目の上のたるみはまぶたの腫れぼったさを起こし、パッチリした目元の印象を大きく妨げることになります。もともと二重の人が年齢と共に上まぶたが垂れ下がり、せっかくの二重がくっきりしなくなるケースも少なくありません。また、目の下のたるみはとても老けた印象になり、くぼみが出来てデコボコや陰影がついてしまう場合も多いです。こうした悩みや問題を解消したり、青クマや茶クマのようなクマを消したり出来るのが、目元治療を得意とする美容整形クリニックです。人間の黒目の大きさは、実はどんな人でもほぼ共通サイズなのですが、まったく違って見えるほど黒目をパッチリ魅力的に見せる技はあるもの。たるみが起こる原因は様々ですが、起こっている症状別にベストな治療法をいくつか提案してくれるクリニックがおすすめです。また、切らない治療でダウンタイムなどもなく、通常の生活にもほとんど影響を及ぼさない治療が受けられるところはやっぱり魅力。解消したい症状は複合的に絡んでいる事が多いので、それらをトータルで解消して美しい目元を取り戻す必要があります。残念ながら、加齢によって重力に負けた皮膚がどんどん下に垂れ下がって来る事は避けられず、目の下のシワやくぼみの解消は大きな課題です。こうした症状に対し、クリニックではメスは使わず、ヒアルロン酸や美容成分を注入することでボリュームを回復することが出来ます。目の下が若返るだけで顔全体が大きく若返った印象になるのは嬉しいですよね。逆に目の下がふくらんでしまう症状は、加齢によって眼球が垂れ下がり、脂肪が押し出されることで飛び出してしまうことが原因です。この場合、強く陰影が出るのでデコボコとした印象になってしまいますが、これはまぶたの裏を最小限切開することで解消することが出来ます。ほんの1cmほど切開した部分から丁寧に脂肪を取り除くのですが、脂肪は取りすぎても美しくならないので、微妙な見極めが重要になります。このように、目元の美容医療はとてもデリケートで様々な要因が複合的に絡んでいるので、確かな専門知識を持つ医師の腕が必要。目元治療を任せるなら、目元治療の症例数が多く、実績のある熟練の医師が担当してくれるクリニックを選ぶ事が重要と言えるでしょう。