美容医療の料金相場

カウンセリング

気軽にアンチエイジング

30代以降のたるみやしわに悩んでいる女性たちにとって、美容整形でアンチエイジングをすることは珍しくなく、むしろステイタスの一つになっています。まるで化粧品メーカー直営のフェイシャルエステサロンに行くような感覚で美容外科を利用するのが新常識です。フェイシャルエステサロンも美顔に効果がありますが、エステサロンは民間企業なので効果に限界があります。しかし、美容外科は医療機関なので、医学的根拠に基づいた医療機器を駆使して、できてしまった目元の小じわや顔全体のたるみを解消してくれます。美容外科の光フェイシャル系美容医療では、最新の美容医療機器を使います。P−フェイシャルやP−リボーンなどは、目元や口元のたるみやしわに効果がある光フェイシャルです。料金は1回1万円前後で、3回以上のコースで契約をして一括でまとめて支払えば、1回分の料金が5千円〜7千円くらいになるのでお得です。たるみ取りと美肌&美白など、女性にとってうれしい効果をいっぺんに得られるのがレーザー美顔です。エッジフラクショナルレーザーは、毛穴の開きを改善してきめを整えたり、古い角質を解消したりできる人気レーザー美顔の一つです。エッジフラクショナルレーザーは、美容外科や美容皮膚科で一回1万6千円ほどで受けられます。さらに高いアンチエイジング効果を得たいなら、レーザーを照射したあとにグロスファクター導入をするのがおすすめです。グロスファクターは肌内部の弾力物質・コラーゲンを増やす成長因子で、目元の小じわや目の下たるみにも効きます。エッジフラクショナルレーザーにグロスファクターをプラスした料金は2万円〜2万5千円ほどが目安です。4週間おきのスパンで定期的にすることで小じわの予防に効果的です。加齢による女性ホルモンの低下やストレスで発生する肝斑は、レーザートーニングで消すことができます。レーザートーニングの料金は顔全体一回あたり1万2千円がおおむねの相場です。ジェンテクニックやプラズマクリアも同じくらいの料金でできるたるみ&美白系レーザー美顔です。レーザー美顔も光フェイシャルと同じように一括でコース契約をすると割安になるクリニックが多いです。美肌効果を高めるために、多くのクリニックでレーザー美顔のあとにエレクトロポーション導入を推奨しています。エレクトロポーション導入だけなら一回5千円前後でできるので、フェイシャルエステよりも格安です。何度か繰りかえせば、ニキビ跡やクレーター、小じわなどを改善して肌がすべすべにリフレッシュします。このように光フェイシャルやレーザー美顔は、メスを使わないでほうれい線をリフトアップしたり、目元の小じわを薄くしたりできる美容医療です。傷跡や内出血がなく、痛みもないので会社の帰りなどでも気軽に通院して受けられます。また、料金的にもフェイシャルサロンに行くのとほとんど変わらず、しかもはっきりとアンチエイジング効果を感じます。一か月〜二か月に一回のペースでクリニックに通院して美容医療を受けることで、周りの同年齢のママ友たちと差をつけることができます。